公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
本の力を、生きる力に。
「絵本を届ける運動」に参加してみませんか?

本を知らない子どもたちに、絵本を届けたい。

シャンティ国際ボランティア会は、読み書きができない、絵本を読んでくれる人がいない子どもたちへ、 絵本を手にする機会をもってもらおうと、1999年から「絵本を届ける運動」を行っています。

「絵本を届ける運動」とは、日本で出版されている絵本に翻訳文を印刷したシールを貼り付ける、気軽に参加できる国際協力です。個人でも、団体でもご参加いただけます。

本を一度も読んだことがない子どもたち

紛争や貧困、国家体制・・・・さまざまな理由から、 世界には絵本を一度も読んだことのない子どもがたくさんいます。

お菓子より絵本がいい、お菓子はすぐになくなるけど、絵本はなんども楽しめるから—

シャンティが活動を始めたころ、カンボジア難民キャンプである少女が言ったことばです。

1999年からはじまった「絵本を届ける運動」

地雷原の看板が読めずに地雷を踏む事故、薬の処方箋を読めないことによる薬の誤用など、読み書きができないことによる弊害はたくさんあります。このような国や地域では、識字は命をまもることにつながります。

日本で出版され、国や文化、時代を超えて親しまれている絵本に、各言語の翻訳シールを貼り付け、子どもたちが母語で読める絵本となったものを届けます。これまで多くの方のご協力により1999年以来25万冊を超える絵本を送り出しました。

※「おかえし」(福音館書店)

1999年からはじまった「絵本を届ける運動」

地雷原の看板が読めずに地雷を踏む事故、薬の処方箋を読めないことによる薬の誤用など、読み書きができないことによる弊害はたくさんあります。このような国や地域では、識字は命をまもることにつながります。

日本で出版され、国や文化、時代を超えて親しまれている絵本に、各言語の翻訳シールを貼り付け、子どもたちが母語で読める絵本となったものを届けます。これまで多くの方のご協力により1999年以来25万冊を超える絵本を送り出しました。

※「おかえし」(福音館書店)

これまで届けた絵本は

絵本は、シャンティ実施の研修に参加した図書館員・教員が所属する図書館や学校の他、シャンティが運営する図書館や移動図書館の蔵書として活用され、1,000万人以上の子どもたちが本を手にしています。

★図書館活動の参加人数:11,570,761人
★研修会に参加した人数:28,702人

本の力を、生きる力に。
まだ本を知らない子どもたちへ
「絵本を届ける運動」にぜひご参加ください!

シャンティ国際ボランティア会とは

シャンティは、現在タイ・カンボジア・ラオス・ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ・アフガニスタン・ミャンマーの6つの地域で活動を行っています。
これまでに25万冊以上の絵本をアジアの子どもたちに届けてきました。
これまでに25万冊以上の絵本をアジアの子どもたちに届けてきました。
シャンティについて
シャンティ国際ボランティア会は、カンボジア難民キャンプで教育・文化支援活動を行うために設立されました。

命からがら身一つで祖国を逃れ、難民キャンプでの生活を余儀なくされた人たちが持ち出せたものは多くありません。また、難民キャンプの子どもたちは祖国を知りません。

祖国に戻った時や、第三国で暮らすことになったとき、心に祖国の伝統や誇り、文化を刻んでもらうため、絵本を通じた活動を行ってきました。
「絵本を届ける運動」のはじまり

紛争や貧困、国家体制・・・・さまざまな理由から、 世界には絵本を一度も読んだことのない子どもがたくさんいます。

読み書きができない、絵本を読んでくれる人がいない子どもたちへ、絵本を手にする機会をもってもらおうと、 1999年、「絵本を届ける運動」が始まりました。

地雷原の看板が読めずに地雷を踏む事故、
薬の処方箋を読めないことによる薬の誤用など、
読み書きができないことによる弊害はたくさんあります。
このような国や地域では、識字は命をまもることにつながります。

組織概要
名称 公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
事務所 〒160-0015 東京都新宿区大京町31 慈母会館2・3階
設立 1981年12月10日
会長 若林 恭英
会長 若林 恭英
「絵本を届ける運動」のはじまり

紛争や貧困、国家体制・・・・さまざまな理由から、 世界には絵本を一度も読んだことのない子どもがたくさんいます。

読み書きができない、絵本を読んでくれる人がいない子どもたちへ、絵本を手にする機会をもってもらおうと、 1999年、「絵本を届ける運動」が始まりました。

地雷原の看板が読めずに地雷を踏む事故、
薬の処方箋を読めないことによる薬の誤用など、
読み書きができないことによる弊害はたくさんあります。
このような国や地域では、識字は命をまもることにつながります。

絵本を届ける国と支援地

カンボジア

30年近く続いた内戦が終わり、目覚ましい経済発展を遂げている一方、経済格差で置き去りにされている弱者が問題になっています。

ラオス

都市部から離れた地域では貧困が恒常化し、学校へ通えない子どもたちは公用語であるラオス語の習得が遅れています。

ミャンマ-(ビルマ)難民キャンプ

ミャンマー(ビルマ)の軍事政権と少数民族の反政府勢力との抗争で、未だ多くの難民がタイ国境の難民キャンプで暮らしています。

アフガニスタン

未だ治安が安定せず、使用に耐えられる校舎がある学校は50%にとどまり、多くの子どもたちが屋外での学習を強いられています。

ミャンマー

軍事政権から文民政権に移行し、急速に民主化が進む一方、貧困家庭の子どもたちへの教育機会の提供が課題となっています。

これまでに届けた絵本の数

1999年に「絵本を届ける運動」を開始してから、これまでに20万冊を超える絵本を子どもたちに届けることができました。(1999~2014年実績)

「絵本を届ける運動」の紹介映像

シャンティが活動している難民キャンプや、絵本を通じた支援活動を紹介した動画もぜひご覧ください。

「絵本を届ける運動」~こんな人にオススメ!~

自分のペースで作業がしたい 
ご自宅で、自分のペースで絵本に翻訳シールを貼っていただけます。
親子でボランティアに参加したい 
絵本の中身を見ながら、家族で、親子で協力しながら作業ができます。
学校/企業でボランティア参加 
学校や企業で大勢でのご参加も受付中です。まずはお問い合わせください。
学校/企業でボランティア参加 
学校や企業で大勢でのご参加も受付中です。まずはお問い合わせください。

参加の方法

「絵本を届ける運動」にお申し込みいただいた皆さまに「絵本セット(絵本と翻訳シールなど)」をお送りします。絵本セットが届いたら、絵本に翻訳シールを貼り、できあがった絵本をシャンティ東京事務所へ返送ください。皆さまから寄せられた絵本をまとめて、各国の子どもたちへ送り届けます。(絵本セット1セットにつき2,500円のご負担をお願いしています)

STEP

1

絵本を選んで申し込む

申込み受付後2週間ほどで絵本セットをお届けします。1セットの内容は絵本1冊と翻訳シール、説明書、あいうえお表です。(ご希望の絵本タイトルや言語がある場合、リストからお選びください。シャンティにおまかせいただいても結構です。) ★「絵本を届ける運動」申込受付リスト

STEP

届いた絵本に翻訳シールを貼る

「はさみ」と「筆記用具」をご用意ください。翻訳シールの線に合わせてはさみで切り、貼り付ける位置や向きに気をつけて翻訳シールを絵本に貼ってください。最後に、作業をされた方のお名前を各言語の「あいうえお表」を参考にお名前シールへ記入して完成です。

STEP

絵本を返送し、参加費を支払う

翻訳シールを貼り終えた絵本を返送してください(返送料はご負担ください)。参加費のお支払い方法は、申込時に「郵便振替」か「コンビニ決済」かお選びいただきます。絵本セットに払込取扱票を同封してお届けしますので、3週間以内にお振込ください。(郵便振替は手数料無料、コンビニ決済は手数料120円をご負担いただきます)

STEP

1

絵本を選んで申し込む

申込み受付後2週間ほどで絵本セットをお届けします。1セットの内容は絵本1冊と翻訳シール、説明書、あいうえお表です。(ご希望の絵本タイトルや言語がある場合、リストからお選びください。シャンティにおまかせいただいても結構です。) ★「絵本を届ける運動」申込受付リスト

絵本が日本を出発してから現地に届くまで

皆さまに翻訳シールを貼っていただいた絵本は、一度東京に事務所に集めてから、各国の事務所へ発送します。

STEP

東京事務所の倉庫から運び出し

東京の事務所に集まった絵本をトラックへ積み込み、各国へ発送します。みんなで協力してトラックへ積み込みます。

STEP

トラックに積み込み出発

本をすべてトラックに積み込み終わったら出発です。数が少ないときは空輸しますが、絵本をたくさん送るときは船便を利用するため、現地に届くまでしばらく時間がかかります。

STEP

現地事務所に到着

無事に日本を出発した絵本は、まずシャンティの現地事務所に到着します。事務所から、各学校や図書館に届けられます。

STEP

学校や図書館へ届く

絵本は日本を出発してから長い時間をかけて、各学校や図書館に届けられます。そこではじめて、子どもたちが絵本を手にします。

STEP

東京事務所の倉庫から運び出し

東京の事務所に集まった絵本をトラックへ積み込み、各国へ発送します。みんなで協力してトラックへ積み込みます。

「絵本を届ける運動」に参加された方の声

玉利美紀さん(主婦)佐賀県佐賀市
はじめまして。今回初めて参加させていただきました。
公共の図書館でパンフレットを見つけて、初めてシャンティを知りました。 シャンティは母語で訳した絵本を届けるため、子どもたちがもっと身近に感じてくれるすばらしい活動だと思いました。
自分に出来ることからと思い今回参加しました。良い絵本ばかり選ばれていますし、喜んでもらえると安心できます。私は地域の小学校で、朝の読み語りのボランティアをさせていただいています。本に接する機会の少ない子どもたちに、たくさんの良い絵本に出会ってほしいと思っています。日本も世界もそれは同じです。
この活動が多くの方の協力によって、たくさんの子どもたち、大人たちの笑顔につながりますように。感謝しつつ・・・。

佐脇満希子さん(高校美術教師)横浜市
ポル・ポト時代にほとんどの教師が殺され、内戦のため教育が途絶えてしまった過去をもつカンボジアは今、立ち直ろうと努力し、すさまじい速さで変化しています。
しかし依然として識字率は低く、アンコール・ワットに見られるような高い文化性のある民族なのに、音楽や美術の授業を行なっている学校は少ないのが現状です。「これではいけない!」と美術教師である私は思い、カンボジアへ行って、子どもたちと絵を描きたいと望んでいますが、語学力不足が大きな壁となって立ちはだかります。
「絵本を届ける運動」との出会いは、そんな私にとって、とてもステキなものでした。私がシールを貼った絵本が私の代わりにカンボジアへ行ってくれるのです。そして子どもたちに文字を教え、その絵は心をも育ててくれると信じています。
私はカンボジアで郵便ポストをまだ見たことがありません。いつか子どもたちが手紙を出すことを当たり前と思える日まで、この活動を続けていきたいと考えています。

大沼裕子さん(主婦)横浜市
カンボジアやラオスの子どもたちの喜ぶ顔を想像しながら、今日1日で2冊の訳文を貼りました。
最近の日本でおきる様々な事件、特に小さい子どもたちが被害を受けたり、事件に関わったりすることに暗澹たる思いです。特に幼少期、親が子どもに接する重要さ、絵本は本当に子どもに夢や希望、知識を与える大切なものだと痛切に感じます。
図書館で偶然パンフレットを見て、少しでもと思い参加しました。
貼りながら、本を読んで子育てしていた昔を懐かしく思い出しました。満たされた思いです。子どもは国の宝です。また少しでも役立ちたいと思います。

子どもたちからのメッセージ

わたしは2年前にはじめてとしょかんに行きました。
おねえちゃんがわたしに本をよんでくれました。
この本がだいすきです。
ラオス 中学1年生
おもしろい絵本がたくさんあって、いろんなおはなしを読めるから、としょかんがだいすきです。
いろんな絵本を読んだり、おりがみをしたり、としょかんのおそうじもします。
カンボジア 13歳
いつも両親は、としょかんでいろんなことを学んできなさいと言います。
歌をうたったり、ゲームをしたり、おはなしを聞くのがすきです。
すきなおはなしは、「くんちゃんのはじめてのがっこう」です。
ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ 12歳
ぼくは1年前からとしょかんに通っています。
としょかんに行って勉強すると教えてくれる先生がいて、行くのが楽しみです。

「ぼくはあるいたまっすぐまっすぐ」(ペンギン社)
アフガニスタン 10歳
ぼくは1年前からとしょかんに通っています。
としょかんに行って勉強すると教えてくれる先生がいて、行くのが楽しみです。

「ぼくはあるいたまっすぐまっすぐ」(ペンギン社)
アフガニスタン 10歳

よくあるご質問

申込をした絵本セットはいつ頃届きますか?
お申込みが確認できてから、約2週間でお届けします。(申込セット数が50を超える場合は3週間ほどかかります)
作業は誰でもできますか?
はさみを使用するため、小学生以下のお子様には難しい作業です。お子様が行う場合は、ご家族や先生などおとなのサポートが必要です。おとなは説明書にしたがって作業を進めていただければ大丈夫です。
言語や絵本のタイトルは選べますか?
申込時にご希望の言語や絵本をお選びいただけます。ただし、各活動地の状況に合わせて冊数を調整しているため、ご希望に沿えないこともございます。その際はご了承ください。
古本は使えますか?
使えません。
多くの子どもたちが絵本を手にとるため、新品の絵本をシャンティで用意してお届けします。
お持ちの絵本や古本をご寄贈いただける場合は「もので寄付するプロジェクト」をご利用ください。
届いた本を手元においておきたいのですが返さないとだめでしょうか?
完成した絵本を返送するまでが「絵本を届ける運動」だとご理解ください。現地まで絵本を届け、配布する費用を含めて「絵本を届ける運動」の参加費として皆さんにご協力いただいています。絵本は計画に基づいて各出版社と翌年配布する部数を書面で取り交わしています。必ず期限までにご返送をお願いします。
言語や絵本のタイトルは選べますか?
申込時にご希望の言語や絵本をお選びいただけます。ただし、各活動地の状況に合わせて冊数を調整しているため、ご希望に沿えないこともございます。その際はご了承ください。
「絵本を届ける運動」にぜひご参加ください!
「絵本を届ける運動」は、誰もが気軽に参加できる国際協力の方法です。自宅で家族と一緒に、職場で同僚たちと一緒に、みんなで取り組むこともできます。みなさんが翻訳シールを貼ってくださった絵本は海を越え、子どもたちを笑顔にしてくれます。